2017年を予想!スマホの次にヒットするのはワイヤレスイヤホンだと思う!

みなさん、こんにちは。ひげさん(@1yaan)です。

いろいろな人が「スマートフォンの次は何がヒットするのか」と書いているので私も予想してみました。

ずばり、スマホの次はワイヤレスイヤホンだと思います!と思う根拠をいくつか紹介します!

スマホの次は何がヒットするか?

まずは、スマホの次は何がくるのか、世間での予想を紹介します。

ウェアラブルのメガネ?

JINS SCREENは、PCやスマートフォンから発せられるブルーライトをカットし、眼精疲労をはじめ身体におよぼす悪影響を軽減するために開発されたメガネ。入山氏はこれを選んだ理由を次のように話す。

「不要なものを捨て去り、新しい市場を切り開いて圧倒的な地位を築くというのがブルー・オーシャンの考え方です。JINS SCREENは、従来の中間マージンや『高級感』といった価値要素を捨て、代わりに『メガネは視力の悪い人のためのもの』という市場の境界を引き直した。これは典型的なブルー・オーシャンと言えます」

それだけではない。ジェイアイエヌは2015年に疲れや眠気を可視化するウエアラブルデバイス「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を発表、新たな市場を切り開こうとしている。

果たして、ジェイアイエヌは新たなブルー・オーシャンを泳ぐことができるのか。同社の戦略は、そしてその先にある構想とは? 「ブルー・オーシャン」というキーワードをきっかけに知己を得た2人が、徹底的に語り合う。

引用元:【入山章栄×田中仁】メガネがスマホと競合する日 https://newspicks.com/news/1420306

PSVRもウェアラブルなメガネの一種だと思うので、VRやAR関連で盛り上がるかもしれませんね!

はたまたスマートウォッチ?

現在のスマートウォッチは、iPhone登場前のノキアなどのスマートフォンなのかもしれません。あるいはiPod登場前のMP3オーディオプレイヤーなのでしょう。それでは、最初に新しいものを積極的に受け入れる人たちの間では話題彷彿となっても、多くの人には受け入れられず、市場が広がらない、いわゆるキャズムの深い溝を飛び越えることはできません。

iPhoneはタッチパネルを使うことで、キーボードをなくして外観も変え、得られる体験も大きく変え、またコンセプトも変えて、スマートフォン市場を大きく広げました。アンドロイドもiPhoneのコンセプトを踏襲したに過ぎません。

引用元:スマートウォッチがヒットしない理由 http://blogos.com/article/71796/

スマートウォッチは発売から1年以上が経過していますが、その魅力が十分に伝わっていないのではー?

個人的には、ヘルス系の脈拍とか血圧とかのほうが注目度高いです。

次に流行るのは、イヤホンorヘッドホンだと思う!耳に付けるデバイスがくる!!

Siriなどに連携。音声認識で利用度ダントツNo.1に

 腕時計、メガネ、衣服、指輪…。身に着けたままデータを収集したり操作したりできる情報機器「ウエアラブル端末」が今、続々と登場している。その一方で、スマートフォン(スマホ)のように地域や世代を超えて普及するかどうかは疑問視されている。ウエアラブル端末は、違和感なく装着できて初めてスマホより高い利便性を発揮するが、現時点で世に出ている製品はその点を満たしていないものが多いからだ。そんな中、次世代のスタンダードとして本命視されている端末がある。耳を使った「イヤラブル端末」だ。

「イヤホンはもともと日常的に使われているため、機能を拡張してもすんなりと受け入れてもらえる可能性が高い。煩わしさを感じづらいのが魅力だ」。NECデータサイエンス研究所ヒューマンセンシングTGの越仲孝文・主幹研究員は、イヤラブル端末の優位性をこう説明する。

引用元:イヤラブル端末、耳で個人を特定し、IC券にも http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226265/071100042/?rt=nocnt

個人的に、イヤホン型は片耳のもので1000円〜と値段もかなり安いです。イヤホンマイクとして利用する価値をそもそももっているという点が他のデバイスと違う点ではないでしょうか。まぁ音質追求型の人たちもいるようですが…

そして、以下の記事のように、新しい展開が期待されています。

主に耳から得られる情報(体温、脈拍、まばたき、咀嚼、呼吸、声)を活用して、人の運動効果を高めたり、更には個人特定までできたりします。

引用元:イヤラブルとは? あなたの耳を全能化する最新テクノロジー! https://kigyotv.jp/news/earable/

なんと!咀嚼や呼吸の情報までキャッチできるんですね。まばたきって…どうやって情報をキャッチするんでしょうか…

こうなってくると、スマートウォッチとやらで、体温や脈拍を計測しなくても、普段耳につけている人なら、そのまま使えそうで便利ですね!!

私が買ったスポーツタイプのMpow Petrel Bluetooth 4.0 スポーツヘッドセット

51bkvjfgdrl-_sl1000_

ジョギング用に買ったMPOWの両耳イヤホン

このイヤホンのいいところは、防水であること!そして、右耳のところについているボタン(なんでもボタンと、音量調整)によって、電話に出れること、音楽を開始・停止できること、Siriを呼び出せることにあります(ちょっとコツがいります)。

あと、なんと言っても安いです!2000円台です。USBで充電です。

ずっとつけていても、耳の上のところが痛くない作りになっています。個人的には、外界の音を正常にきくために、ちょっと音を大きめにして、耳の上のところくらいにひっかけております。

超おすすめです!!

まとめ

2017年は、ワイヤレスイヤホンがどーんと普及したとします。そうすると、町中でなにやら楽しげに会話しているけど、1人で歩いている人を見かける機会が増えてくると思います(もちろん、手には携帯をもっていません!!)。こういう感じになってくると、電車で電話しててもいいんじゃないかという気がしてくるのですが、みなさんのご意見はいかがでしょうか?賛否両論ありそうですが、私は個人的にはOKです!

スポンサーリンク
hige1
hige1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
hige1