CEOとは?CEOの責務は3つである。

「日本を動かす経営者」を表彰、JAPAN’s CEO OF THE YEAR 2016開催

不確実性の高い時代に、経営者の舵取りは重要度を増していく。今後、経営者に必要なことは何だろうか––。

これからの日本に必要な経営者像を映し出すべく、フォーブス ジャパンは昨年に続き「CEOランキング」を発表。9月28日、パレスホテル東京でアワードセレモニー「JAPAN’s CEO OF THE YEAR 2016」を開催し、「日本を動かす経営者BEST10」「世界で最もイノベーティブな企業 日本部門 BEST3」「最もイノベーティブなスタートアップBEST3」の3部門にランクインした経営者を表彰した。

開催の挨拶で高野 真編集長は、「ポジティブでグローバル、そしてメッセージがあるものを発信していく」というフォーブス ジャパンの編集方針を紹介するとともに、「CEOランキングは、比較するのが目的ではない。素晴らしさを積極的に評価し、その好例を伝えていきたい」とアワードの意義を語った。

「日本を動かす経営者 BEST10」1位は、第一生命保険・渡邉光一郎社長。受賞スピーチでは、創業者が戦前に残した「最大でなく、最良を求め続けなければならない」という言葉に触れ、「“最大”にはゴールがあるが、“最良”にはゴールがない。私たちは、順位など相対的な価値ではなく、絶対価値を求め続けていかなければならない。今回受賞された企業の良いところを学び、PDCAを回し、クオリティージャーニーを続けていきたい」と語った。

[左から]渡邉光一郎社長(第一生命保険)、三木谷浩史社長(楽天)、西川 徹CEO(プリファード・ネットワークス)

[左から]渡邉光一郎社長(第一生命保険)、三木谷浩史社長(楽天)、西川 徹CEO(プリファード・ネットワークス)

Forbs JAPAN
http://forbesjapan.com/articles/detail/13729

この記事を読み、日本の素晴らしい経営者と自分の差に愕然としつつも、いつか必ず彼らと肩を並べ、追い抜かす覚悟で記事を書きます。今日の記事は日記です。

CEOとは

CEO しーいーおー

最高経営責任者。企業の代表者であり、企業経営全体の経営責任を負う。

知恵蔵2015の解説

CEO(最高経営責任者)は企業戦略の策定、経営方針の決定といった長期的な経営事項に関わる責任を負うのに対し、COO(最高執行責任者)はCEOによって決められた事を実施する最高責任者である。またCFO(最高財務責任者)は財務担当の執行役員で、その権限と責任はCEOと並んで大きい。米国では1990年代、機関投資家などからの圧力により、彼らの利益代表である社外取締役取締役会で多数を占めた結果、株主の利益に沿って大胆に経営を進めることのできるCEOの出現が期待され、CEOが取締役会会長を兼任するのが一般的になった。ところがこの兼務によって1人に権限が集中し、経営陣を監視するという取締役会会長本来の機能が十分果たされなくなる危険性が伴う。事実、エンロン事件を始めとした不正会計などの一連の不祥事が発生し、改めて取締役会会長とCEOの分離が企業統治改革の一環として提示された。また、2002年に施行された米国企業改革法(サーベンス・オクスレー法=Sarbanes‐Oxley Act of 2002)は、企業価値の最大化に経営責任を負うCEOとそのパートナーであるCFOに対しても財務諸表に虚偽のないことを保証するための署名をさせるなど、これまで以上に厳しい責任を課した。

(高橋宏幸 中央大学教授 / 2007年)

https://kotobank.jp/word/CEO-3849

CEOの責務は3つある

どの本で読んだのか、もう覚えていないのですが、CEOの責務は3つあるという言葉に感銘を受けて、いろいろな本でこの3つについて調べ、実践してきました。

CEOの責務

CEOの責務は3つである。

1つは会社の全体的なビジョンと方針を決定し、それについて投資家たちと理解しあうこと。2つめは、会社にとって最も有用な人物を採用し、それらの人々を会社に留めること。そして3つめは、銀行に必ず現金があることを確認すること。

もしかしたらどこかのWebサイトの記事で読んだのかもしれませんし、本だったかもしれません。しかし、私はこの3つこそがCEOにとってもっとも重要であるということを肌で感じてきました。

上で表彰されている経営者は、みなさんこの3つすべてに精通し、平均以上の水準を保ち、さらにステークホルダーに利益をもたらしているのではないでしょうか。

今の私に足りないもの

目標や方針を決定し、優秀な人材を雇用し、お金の流れを把握するという力は、すべてがばらばらの能力です。この3つにおいて全てが優秀であるということは、本当にすごいことだと実感しています。人の心とお金というのは、この世の中で一番制御しにくいものではないでしょうか。

私は今から新しい仕事をしていこうと考えていますが、少なくとも上の3人と私との間に横たわるもので一番経験として不足しているのは、圧倒的な金銭感覚の差です。まずはお金の使い方を学ばなければ、3人に比肩することは難しい。なのでこれからは入れ方と出し方をきちんと考えられる感覚や知識を身につけていきたいと思います。がんばるぞー(^o^)

スポンサーリンク
hige1
hige1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
hige1