JavascriptやるならPythonやろうよ?という話し

他社のプログラマの方々とお話しする機会があると、「今どんな言語使ってます?」と聞かれる。これは単純に、言語による環境の差を意識した話しをするためだと思う。例えば、私がPythonで相手がVisualBasic.netを今メインで開発しているとしよう。私がエディタの話しをするときにはAtomとVisual Studioを比較しながら話しを進めることになる。また、言語の構造上の問題も、PythonとVBの思想の問題につながってくると思う。

さて、これが、今からプログラミングを学びたいと思っている人とお話しする機会があったときにも、同じようなことを聞かれる。「今どんな言語を使ってます?」と聞かれる。私はPythonとPHPが半々とか答える。すると、「難しいですか?」「2つもどうやって覚えるんですか?」「Web系だからHTMLもですか?」と続けて聞かれる。彼ら(彼女ら)は、言語による習得可能かの判断がしたいようだ。1つ1つ積み上げていく以外に無いのだと答えると、そうですよねと暗い顔になる。

これからプログラマになって仕事をしたい人は、Javascriptはやめて、Pythonを始めるのがいいと思う!最近流行ってるしね!

なんでJavascriptが駄目かっていうと、HTMLとCSSが必要だからかな…根拠はそれくらいなんだけど、ようするに、Javascriptが本領発揮するには、フロントエンドのDOM的な知識が必要で、それは結構つまずく人が多いと思う。

JavascriptやるならPython+MySQL(Postgres)をやろう!

というタダの愚痴でした…

プログラマになりたい人は、本当はC言語からなんじゃないかな…とも思うけど、Pythonは簡単だし、そこは許してね

スポンサーリンク
hige1
hige1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
hige1