最新情報をどの媒体から受け取るか

LINEがメッセージングアプリの筆頭になっていて、FacebookやTwitter・Instagramあたりが追随しているという印象ですよねー。若い子たちは、インスタのほうが使っているかもしれません。

最新情報をどの媒体から受け取るのかっていうのは、今後のビジネスにとっての課題になるかと思います。

FacebookメッセンジャーやLINE@のAPI、TwitterのAPIはかなり利用が進んでいることと思います。ひとつ言えるのは、これらのAPIを使った処理は、インターフェース以外の部分は共通して使用できるということです。

各社のAPIは仕様は異なっていますが、結局、なんらかしらのリクエストを受け付ける場所にすぎません。リクエストを受け付けられれば、どこから来てもいいのです。

ということで、今後、どんなものがでてくるのかなーと予想してみました。(もう出てたらごめんなさい。田舎暮らしで感度が低くなっているかもしれません)

今後どんなサービス出てくるかな−

  • 各社のメッセージングアプリをまとめられるタイムライン表示アプリ、もしくはメッセージングアプリ(LINE、Twitter、Facebook、Instagram対応)
  • 超堅牢な秘密の通話ラインを確保できるアプリ(盗聴不可門外不出、共謀罪対策)
  • ID交換の必要ないメッセージングアプリ。自然消滅機能付

自分にとって、普段欲しい情報っていうのは、どうやって決まってくるんでしょうね。グノシーのように、見ていた記事のカテゴリを偏重していくのではなく、これだ!!という情報を取得できるツールというのを、みなさんお求めのようです。

みんなが欲しいけど、みんなが知る前に知りたい…

そういうニーズを満たすための何かがどっかにありそうなんですが、アイディアがひらめかないなー。

スポンサーリンク
hige1
hige1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
hige1