名前くらいは知っておきたい伝説のプログラマーたちに連名するぞ!

Pythonはじめたばっかりだけど、それくらいの気合いがあって良いと思う。大言壮語も吐いてやろう!

名前くらいは知っておきたい伝説のプログラマー

ジョン・ワーノックを忘れてはいけない。
正真正銘の天才にして大成功を治めた起業家。
XEROX PARCで唯一成功したレーザービームプリンターの開発者の一人。
そして印刷言語PostScriptを開発した。いまや世界中のレーザープリンターがPostScriptで動いている。
スティーブ・ジョブズから最も尊敬された技術者の一人で、なにしろNeXTの画面表示は全てPostScriptの後継だ(DisplayPostScript)。NeXTがそうであるということは、その後継であるMacOSXも、iOSも全部PostScriptということだ。PDFもPostScriptで、つまり世の中の人々が見ている画面の大半は、ジョン・ワーノックの開発した言語で描かれているということになる。
そして何より、彼はAdobeの創業者だ。文句のつけようがない天才がいるとすれば彼のことだ。

忘れちゃいけない。もうひとつの印刷言語TeXを開発したドナルド・クヌース。
彼の著書「The Art of Computer Programming」シリーズを読んだことがない奴はプログラマーとして間違いなくモグリ。

引用元:名前くらいは知っておきたい伝説のプログラマーたち – shi3zの長文日記

John Warnock氏

えっと、この記事読んで意気込んだのはいいのだけど、なにで連名されるのかしらー。

すごい二つ名的なのがほしいよね。厨二的だけどね。これ考えたやつが次の覇権取れそうだよね。そう2017年春の覇権な。

二つ名

ある分野において実績のある人物に対して尊敬と畏怖の念を込めてつけられる別称の事。 典型的なものは戦国武将に多く、「独眼竜」伊達政宗、「甲斐の虎」武田信玄、「越後の龍」上杉謙信、「鬼柴田」柴田勝家などが筆頭に挙げられる。 現代ではスポーツ選手、政治家などに二つ名を持っている人物が多い。

引用元:ニコニコ大百科 二つ名

要するに、すごい人ってことだよね。

連名にあたって考えた二つ名

さぁ考えていこう!私が有名になったら、この二つ名使ってほしいなー!

「任天堂の潰し方を知る男!」

この二つ名を使うときは、たぶんゲームを作っていると思う。すごいやつ。たぶんアプリ。個人的には、主人公のキャラクターが配管工の兄弟なんだけど、今風に、すごくランしてるような、そういうゲーム。任天堂に挑戦するには申し分のない世界観だと思っている。

この二つ名を欲しい会社があるみたいで、そこは最近元気無いみたい。

遅咲きのPythonista

最近Pythonやってるからね、これね。パイソニスタって、響きがかっこいいよね!

ウォーターフォールの竜騎士

診断メーカーより。けっこうおもしろい(^o^)

まだウォーターフォール?なんて言葉…最近でもよく聞きますね。

個人的には、設計が柔軟に変更されていくアジャイル開発は、嫌いではないのですが、担当者の気分次第でスケジュールがころころ変わるアジャイル開発は嫌いです!!!

さいごに

任天堂の潰し方の話しの記事を読み返したからって駄文を書いてしまって申し訳ありませんでした。

次からは精進します。

今日はずっと寝間着ですし、外出しないと日記もかけないなー。

スポンサーリンク
hige1
hige1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
hige1