Misocaの料金プラン変更にあたって思うこと

システムエンジニアとして、社長として、いくつか思うことがあるので書いてみる。

Misocaの今後の発展というのはなんだろうか。これ以上のサービスの質とかはさほど期待していない。すでに有料で使用しているが、現時点で私が必要と思っている機能は満たしている。

カスタマーサポートに力をいれるそうだが、読者のみなさんはfreeeのカスタマーサポートを受けたことがあるだろうか。最悪だ。無い方がましなレベル。こんなことに人材を投入するなら、逆引きヘルプを100倍充実させたほうがよい。もし、Misocaのカスタマーサポートも同レベルならば、そんなカスタマーサポートにお金を出す理由があるだろうか。

今後、世界が、シェア社会に向かっていく。事務作業も、このMisocaのように、請求書を発行するだけの業務であったとしても、シェアされていくことになるだろう。

今回のMisocaのやり方は、規模の拡大にのみ目を向けている。どこに買収されたかは知らないが、結局のところ、サービスを維持することがめんどくさくなって、引き取ったどっかがもう少し利益を出したいと思ったに違いない。

マストドンの流れじゃないけど、Misocaが好きだった人が、商業的ではないサービスを立ち上げるのであれば、私はまだ請求書の宛先も数十件レベルだし、移動しようかなと感じた。

2017.5.4 追記

2晩たって考えてみた。私が使っているMisocaの機能は以下の通りだ。

  • 見積書の作成
  • 見積書のPDFのダウンロード
  • 請求書のルーティン作成
  • 請求書の自動郵送
  • 請求書のPDFのダウンロード
  • 請求書の金額をfreeeに転送する

逆に言うと、これ以外のことはつかっていない。これ以外のことについて有料化するのは、私からすると「なぜ?」となってしまう。

Misocaが提供しているサービスはとってもいいものだと私は思う。フリーランスにとって、請求書の発行は、本当にめんどくさい作業なのだ。創業者もそのことがよくわかっているに違いない。

だけどカスタマーサポートを受けるくらいの人たちが、このサービスに価値を見出してきたのであれば、それもしょうがないことなのだろうか…

Misocaの記事なのに、freeeしか商品がないんだもんなー。

スポンサーリンク
hige1
hige1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
hige1