「千羽鶴はいらない」という被災者を叩く人たちの脳内マジお花畑なんだが

「送った側の気持ちを考えろ」 「貰っただけありがたいと思え」 「善意を踏みにじるのか?」 「もう支援する気がなくなった」 災害が起こる度に繰り返される「善意」の強要。 阪神淡路大震災では古着等使用できない救援物資の仕分けに膨大なリソースが割かれた上、処分に2800万円の費用がかかりました。 本当の思いやりとは一体どういうものなのでしょうか? 被災者の気持ちよりも「支援者」の「 気持ち」の方が優先されるべきなのでしょうか? ※「千羽鶴いらない」の記事を見て熊本の方を非難するツイートが多数見受けられますが、千羽鶴はいらなかったと述べているのは過去の震災経験者です。

情報源: 被災者の「千羽鶴はいらない」に激怒する人達 – Togetterまとめ

阪神や東日本大震災でも大問題に

ピーク時には熊本、大分両県で20万人近い避難者が発生した今回の地震。2016年4月17日から翌18日にかけ、各メディアの報道では、熊本市内にある避難所での「救援物資不足」が伝えられている。こうした状況を受け、救援物資を被災地へ送ろうと呼びかける動きがネット上でも加速している。

こうした状況の中、ツイッターには「#被災地いらなかった物リスト」とのハッシュタグが登場。東日本大震災を経験したという複数のユーザーが、「千羽鶴・寄せ書き」や「古着」、「生鮮食品」といった品々を挙げ、「送らない方がいい」と呼びかけている。

実際、今回の地震を受けて福岡市が呼び掛けた支援物資提供の協力依頼でも、受け入れ品をペットボトルの水や未使用のタオル・毛布の6種類に限定。福岡市コミュニティ推進課は16年4月18日のJ-CASTニュースの取材に対し、「指定した以外の物品をお持ちになられる方もいるのですが、お断りしているのが現状です」としている。

情報源:  「千羽鶴・古着・生鮮食品は要りません」被災地が困る「ありがた迷惑」な物とは – JCASTニュース

そこは叩くんだ…寄付は寄付者が、千羽鶴は被災者が叩かれる

ちょっと前に、タレントの紗栄子さんが500万寄付したときは、「いちいち出すな」「好感度上げたいのか」とか言ってたくせに、これが一般人からの寄付になるととたんに手のひらを返すインターネッツって怖いところですね。そこは千羽鶴を送りましたーとかいう脳内お花畑のついったー見つけて「いちいち出すな」「好感度上げたいのか」「食べれる千羽鶴のことですか」って言うところだろう!!!!!なぜ!やらないのか!!いつからTwitterは清潔で高潔になってしまったんだ!鉄血にして冷血にして熱血なTwitterはどこに行ったんだ!

ただの善意か、偽善なのか

あのね、ちょっと考えれば子どもだってわかると思う。「千羽鶴を折って被災地に送ろう!」なんて言い出すバカは、子どもじゃないってこと。

だってね、子どもたちっていうのは素直だから、炊き出しとかに並んでいるのを見て、「この人たちは家がなくなっちゃったから、ご飯が食べられないんだ」ってすーっと飲み込むように理解します。だから、子どもたちがテレビ中継とかを見ながら「千羽鶴を作ろうよ!」なんていうのは、よっぽど毎回そういう被災地に千羽鶴を送っている経験がある子以外は無い。100%無い。

上のような記事を読んで、私は2つのことが欠落していると思いました。

  1. 子どもたちの情操教育のネタとして被災地を使う大人の道徳観。
  2. 避難所で生活していても、被災者はある程度ゆとりのあるコメントができるであろうと思っている非被災地の大人の想像力。

今まさに被災中であって、被災後ではない熊本を始めとした九州の方々は、毎日続く余震と自宅にいれない不安を抱えてすごしています。

そんな中、「千羽鶴を送ってお祈りしましょう」なんて!中世の教会だって、祈りの前にパンを与えているじゃないですか!衣食住のうち、すべてが無いんですよ?なぜ千羽鶴?

そして千羽鶴=きれいな心みたいな感じで送った側を擁護している人たちは考えましょうよ。まず、その千羽鶴を載せたトラックがもう1つ荷物を運べた可能性。その千羽鶴を折っている間に、クッキーの1つでも焼けた可能性。そんな可能性無いって?なら、千羽鶴を送って支援物資の仕分けの邪魔をしない!極力必要なものを送るなんていうこと、まだ言わないといけないの?阪神や中越や東日本で、あなたたちは何を学んで生きてきたのよ。

次に。千羽鶴を送ってもらったら感謝しないといけないのは、この震災が終わって、犠牲者追悼式典なんかですべての人達が祈って、そういうときじゃないのかしら。また、メディアは部分的にしか報道しないという過去の経験をまったくもって省みていないのか、「千羽鶴を送ってもらったのに、いらないものリストに入れてしまっていいのだろうか」という被災した人たちの葛藤がまったくのゼロなんていうことが、本当にあると思っていらっしゃるんですか?

自分たちがもし、被災して、届いた箱の中に千羽鶴が入っていて、「子どもたちが応援してくれてるから頑張ろうよな」とかみんなで言ってたりする姿を、あなた自身が、もし、微塵も想像できないとしたら。それなら、なおさら、千羽鶴なんか送らないほうがいい!ということでしょう?違いますか?

だいぶすっきりしたのでこれだけ

毎日毎日続く余震で、どこのテレビでも被災を少しでも撮影しようとして必死になってスクープ探そうとしているようなんだけどさ、こんだけ、メディア側のモラルの問題が噴出しているのに、まだテレビ見てるのかしら。抗議の電話くらい入れたらどうなの?

日常が非日常になったとき、どれだけ日常の自分のままでいられるのか、自問自答してしまうような記事だったので脊髄反射的に書いてしまいました。

被災地のみなさま、私も微力ながら募金に(ほんとうに小銭ですが)寄付させていただきました。
どうか、この地震を引き起こしている地殻の活動が一刻も早く終わりますように、お祈りしております。

スポンサーリンク
hige1
hige1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
hige1