paizaさんのコーディングスキルチェックいいね!

paizaさんがやろうとしていること…ジョエルさんが言ってるジョエル・テストの11番「プログラマを採用するときにコードを書かせるか?」に対して、paizaを経由していると、やっている!と答えることが可能になる。とても素敵な仕組み。

私は、ジョエルさんの言っているジョエル・テストの大切さを身にしみて経験しているので、ジョエル・テストをクリアするためなら、少しめんどくさくても実施する価値があると思う。

paizaの仕組みは、私たち経営者側のやることを1つ減らしてくれている、とてもいい仕組みだと思う。

paiza スキルチェック
https://paiza.jp/challenges/info

コーディング結果によるランク表

S評価 上位2%

非常に高いスキルを持っています。
ほぼすべての企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。

A評価 上位8%

高いスキルを持っています。
非常に多くの企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。

B評価 上位30%

一定基準以上のスキルを持っています。
多くの企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。

C評価 上位60%

基本的なスキルは十分、効率的なコードを意識しましょう。
一部の企業で書類選考なしにカジュアル面談、面接へ進めます。

D評価

要努力!基礎的な部分をもう一度見直しましょう。
ポテンシャル求人案件への応募が可能です。

E評価

しっかり準備をして再度チャレンジしてください!

※上記はランクC以上の方の割合の概算数値です。時期等によって割合が変動する場合がございます。

スキルチェックの難易度は、昨日ちょっとやってみたところ、まぁまぁだったと思う。

私がAランクにサクッと合格できないくらいだったので、Bランク以上のエンジニアであれば、私と会話のレベルがあうということがわかって嬉しい。

自分がAランク未満のBランクというのもわかって嬉しかった!

次からは、経歴書の資格と、paizaのコーディングチェックの両方でエンジニア採用していきたい。

スポンサーリンク
hige1
hige1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
hige1