Python コーディングスタイル 重要なポイント抜粋

python logo

python logo

Pythonチュートリアルからメモ

Pythonでは、たいていのプロジェクトで固守すべきものとしてPEP8が出てきているが、これはとても読みやすくて目に楽しいコーディングスタイルを推進するものだ。Pythonの開発者なら、いくつかの要点だけでも読んでおくべきだ。だからもっとも重要なポイントを抜粋してお届けする。

  • インデントはスペース4つとし、タブは使わない。
  • 4スペースは狭いインデント(深い入れ子が可能となる)と広いインデント(読みやすい)のちょうどよい妥協点だ。タブは混乱の元なので排除するのがベストだ。
  • 79文字以下で行を折り返す。これは小型のディスプレイのユーザーを助けるし、大型ディスプレイではコードをいくつも並べられるようになる。(ひげ注:縦型ディスプレイはほんといいよね)
  • 関数やクラス、さらには関数内の大きめのブロックを分離するのに空白行を使う。
  • 可能であればコメント行は独立させる。
  • docstringを使う。
  • 演算子の周囲やカンマの後ろにはスペースを入れるが、カッコのすぐ内側にはいれない。
    「a = f(1, 2) + g(3, 4)」のようにする。
  • クラスや関数には一貫した命名を行う。クラスにはCamelCase(単語の頭文字を大文字にして接続するスタイル)を、関数やメソッドには、lower_case_with_underscores(小文字の単語同士をアンダースコアでつなぐ)を使う。メソッドの第一引数としては常にselfを使うようにする。
  • 国際的な環境で使うつもりのコードでは手前勝手なエンコーディングを使わない。PythonのデフォルトであるUTF-8か、さらにプレーンなASCIIが常に最良である。
  • 同様に、違う言葉をしゃべる人たちが読んだり保守したりする可能性が少しでもあるコードでは識別子に非ASCIIキャラクタを使わない。

うん、基本だけど大事だよね!

これ書いてて、「メソッドの第一引数としては常にselfを使う」ってところだけひっかかったので、勉強勉強

スポンサーリンク
hige1
hige1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
hige1