日本語訳 Foreword – Flask Documentation(0.12)

勉強のため、FlaskのDocumentationの意訳です。

気になるところがあったら、指摘いただけるとうれしいです!

http://flask.pocoo.org/docs/0.12/foreword/

Foreword

序文

Read this before you get started with Flask. This hopefully answers some questions about the purpose and goals of the project, and when you should or should not be using it.

Flaskを始めるまえに、これをぜひ読んでください。このプロジェクトの目的とゴールについて、いくつかの質問への回答があなたにうまく伝われば、あなたがFlaskを使うときなのか、そうではないのかがわかるでしょう。

What does “micro” mean?

“マイクロ”の意味は?

“Micro” does not mean that your whole web application has to fit into a single Python file (although it certainly can), nor does it mean that Flask is lacking in functionality.

“マイクロ”は、1つのPythonファイルでWebアプリが成り立つという意味ではないし、それでFlaskが機能不全を起こしているわけでもありません。

The “micro” in microframework means Flask aims to keep the core simple but extensible.

Flaskはコア部分はシンプルだけど拡張性(広げられる)があるよという意味で、”マイクロ”はマイクロフレームワークのことです。

Flask won’t make many decisions for you, such as what database to use. Those decisions that it does make, such as what templating engine to use, are easy to change. Everything else is up to you, so that Flask can be everything you need and nothing you don’t.

Flaskは決まりをたくさん作らないし、データベースを使わないでしょう。テンプレートエンジンを使えば、変えるのが簡単でしょうね。全てはあなた次第、Flaskはあなたが必要とする全てのものになれるし、必要としない(余計な)ものにはなりません。

By default, Flask does not include a database abstraction layer, form validation or anything else where different libraries already exist that can handle that. Instead, Flask supports extensions to add such functionality to your application as if it was implemented in Flask itself.

初期状態では、Flaskはデータベースの抽象化レイヤとか、フォームの入力チェック(validation)や、他にもすでにある別のライブラリでできることは、含まれていません。代わりにFlaskは、あなたのアプリケーションにそれがFlask自体に実装されているかのように、エクステンション(拡張機能)が追加されることを支持します。

Numerous extensions provide database integration, form validation, upload handling, various open authentication technologies, and more. Flask may be “micro”, but it’s ready for production use on a variety of needs.

非常に多くのエクステンションが、データベースを統合したり、フォームの入力チェックをしたり、オープンな認証技術を提供したりします。Flaskは”マイクロ”なんですが、多様なニーズに対応する準備は整っています。

Configuration and Conventions

構造と規則

Flask has many configuration values, with sensible defaults, and a few conventions when getting started.

Flaskを始めるときには、少しの規則と、たくさんの驚くほど賢い(と評判の)初期値があります。

※訳注 (と評判の)と記載しましたが、たぶんこの文章の作者的に、「めっちゃ素晴らしいってみんな言ってるんだよー」みたいな言いまわしなので、誰かが言ってるような言い方してるんじゃないかと思いました。

By convention, templates and static files are stored in subdirectories within the application’s Python source tree, with the names templates and static respectively. While this can be changed, you usually don’t have to, especially when getting started.

慣例によって、テンプレートファイルとstaticファイルはPythonアプリケーションのソースツリーのサブディレクトリに入り、それぞれ”templates”と”static”と名付けます。この決まりは、普段変えることができないものですが、始めに変えておくことができます。

Growing with Flask

Flaskと一緒に成長していく

Once you have Flask up and running, you’ll find a variety of extensions available in the community to integrate your project for production. The Flask core team reviews extensions and ensures approved extensions do not break with future releases.

Flaskを一度でも使ったことがあると、多様なコミュニティが作ったエクステンションをあなたのプロジェクトが利用することができることに気付くでしょう。Flaskコアチームはエクステンションを認めますし、未来のリリースにおいてエクステンションを追加できることを保証します。

As your codebase grows, you are free to make the design decisions appropriate for your project. Flask will continue to provide a very simple glue layer to the best that Python has to offer.

あなたがコードベースで成長していくと、あなたのプロジェクトのために適切に自由に設計できるようになる。Flaskは、Pythonistaにとって最高の、シンプルな素材を提供し続けます。

※訳注 the  best that Python has to offerが「Pythonにとって素晴らしい」というような書き方なので、もしかしたら、Python全体のことを指しているのかなと思いましたが、どっちかというと個人のことのようにもおもえて…なのでPythonista(Pythonでコーディングする人たち)に変えてみました。

You can implement advanced patterns in SQLAlchemy or another database tool, introduce non-relational data persistence as appropriate, and take advantage of framework-agnostic tools built for WSGI, the Python web interface.

みなさんはSQLAlchemyや他のデータベースツール、非リレーショナルなデータを導入し、フレームワークに依存しないWSGI(パイソン・ウェブ・インターフェース)を利用して、高度な実装をすることができます。

Flask includes many hooks to customize its behavior. Should you need more customization, the Flask class is built for subclassing. If you are interested in that, check out the Becoming Big chapter. If you are curious about the Flask design principles, head over to the section about Design Decisions in Flask.

Flaskはカスタマイズ可能な動作のフックをいくつも持っています。もっとカスタマイズしたければ、Flaskのクラスからサブクラスを構築してください。もしそれに興味があるならば、こちらのBecoming Bigをチェックしてください。もしFlaskの設計デザインに興味があるなら、Design Decisions in Flaskに行くといいでしょう。

スポンサーリンク
hige1
hige1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
hige1