岐阜県付知峡の不動滝に行ってきました

岐阜県の中津川にある、付知峡はすんげーーきれいなところでした。

不動滝と観音滝という2つの滝を見てきました(ノープランでしたので写真が2枚ですいません涙)。

不動滝 - 山紫水明な付知峡 岐阜の名水50選にも選ばれている。

不動滝 – 山紫水明な付知峡 岐阜の名水50選にも選ばれている。

観音滝- 山紫水明な付知峡 岐阜の名水50選にも選ばれている。

観音滝- 山紫水明な付知峡 岐阜の名水50選にも選ばれている。

御岳山系から雪解け水が清流付知川となって渓谷美を織りなす山紫水明の別天地です。春夏秋冬、それぞれに美しい姿を見せる付知峡は、「日本の森・滝・渚100選」に、また、中部圏五色川のうち唯一の青川と称される付知川は「岐阜の名水50選」に選ばれています。不動滝をはじめとする大小の滝を眺めながらのハイキングは人気です。裏木曽連峰が冬の装いを始めたころに紅葉が真っ盛りとなり、清流に映える紅色のあでやかさは格別の趣です。付知峡を含む岐阜県東濃地域は東濃ヒノキの産地としてとても有名です。伊勢神宮遷宮用材のほか、神社仏閣等の特殊な木曽ヒノキ大径材の需要に応じてきた旧神宮備林の一部が所在しており、学術的価値も高く、現在は木曽ヒノキ備林として保護されており、見事な森林景観を呈しています。昭和61年に「岐阜県の名水50選」に選出されました。

交通アクセス

公共交通機関
(1)JR中津川駅前より北恵那交通バスの「付知峡線・広域市民病院線」を加子母方面へ約1時間。「付知峡口」下車徒歩約1時間。
(2)JR下呂駅前より濃飛バスの「下呂加子母線」で40分。加子母総合事務所にて、北恵那交通バスの「付知峡線・広域市民病院線」に乗り換え市民病院方面へ約10分。「付知峡口」下車徒歩約1時間。

車の場合
(1)中央自動車道、中津川インターを下り、国道19号を中津川市街・塩尻・松本方面へ。中津川市街より国道257号(国道256号と重複部分あり)に入り下呂・高山方面へ約30分。
(2)下呂より国道257号を南へ約30分。

引用元:http://www.mori-taki-nagisa.jp/100/forest/016.html

スポンサーリンク
hige1
hige1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
hige1