民主・維新結党→党名案を募集しますという茶番

民主・維新合流

民主・維新合流

 政治の流れを変える転換点をつくり、野党結党の大きな核となるべく、民主党と維新の党はともに合流し、新…

情報源: 民主党 | 党名案を募集します

本当に政治家っていうのは意味がわからん人たちばかりだ

まともな政治家が、自信の政治生命を賭して、新しい党を作ろうとしているのだとしたら、こんな茶番は起こらないはずだと私は思った。

もし…

もし、私が会社を作るとして、その会社名を公募するとしたらどうだろう。

もし、私の子どもの名前を、ご近所の人たちに決めてもらうとしたらどうだろう。

本当にそれでいいと思っている国民がどれほどいるのか。政党名に込められたこれからの活動の方向性を知った議員たちが、次々と離党していく中、鈴木議員のようにきちんと「それは違う」と言える肝の座った人が果たしてどれほどいるのだろうか。

岡田代表は新しい政党名も考えられないほど、ただ新政党を作りたいだけなのだろうか。

本当の茶番はこれから

結局、私たちはだれも野党大統一みたいなものは望んでいない。なのでこの政党名を考えてほしいということそのものが茶番であることは言うまでもない。

維新の党に投票した人たちは、最初から民主と合流してほしかっただろうか。そうではないはずだ。それは民主にも言えることで、それであればこのタイミングではなく、次の選挙でやってもらいたい。マニフェストだってきちんと読む。

スポンサーリンク
hige1
hige1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
hige1