タイピングを覚えよう!―システムエンジニアを目指す人へ

92778ef7

こんにちは。ひげ・さんです。

システムエンジニア・プログラマを目指したい!と志してくる方の多くが、「でもいままでパソコン触ったこと無いので…」と言ってくるんです!でも大丈夫、まずはタイピングからはじめましょう!

当ブログに掲載されているプログラミングの記事などを読む前と読んだ後に、必ずタイピング練習をしましょう!

なぜタイピングなのか。

タイピング速度、特にプログラミングをやっていくにあたって重要な事は、ミス無く頭に浮かんだスペルを打ち込むことができるようにすることです。

まず、スペルミスというのは、大量のエラーの原因になります。

また、考えをまとめているときに脳内に再生された自分の声を、どの程度早く入力することができるのかは、とっても重要です。

雑務にはタイピング能力を必要とするモノも多い

例えば、こんなシチュエーションです。先輩とあなたとのやり取りです。

先輩
おーい

あなた
はい!なんでしょうかー

先輩
これ、さっきの会議の議事録なんだけどさ

あなた
はい…

先輩
今から外出だから、帰るまでにまとめて俺にメールで送ってくれない? 

あなた
え!はい…わかりました…

ありそう!ありそうですね!先輩、マジ勘弁してくださいよ…というシチュエーションです。

ということで、もし先輩から渡されたA4のノートに見開きで30行ずつくらいだったら15分くらい。それくらいで入力できるといいですね。
先輩には、「時系列がわからなかったので、打ち込みだけしました。テキストファイルを添付しますので確認よろしくお願いします!」とでも送っておけばいいでしょう。先輩も、打ち込みしたくなかっただけです。

先輩からのこんな雑務も、タイピングが得意、もしくは早いのでればちょちょいのちょいです!

タイピング力を高めよう!

タイピング力とは、「無駄の無さ」「正確さ」「速さ」の3つの力によって構成されています。

まずは、ホームポジションを覚えましょう。

タッチタイピングの基本中の基本が、ホームポジションです。
具体的には、『F』と『J』のことで、キーボードを見ると、『F』と『J』だけ凸部があることが分かると思います。
『F』には、左手の人差し指を、『J』には、右手の人差し指を常に置いておくということです。
つまり、右手の人差し指で『J』のすぐ上の『U』を打ったとしても、すぐ『J』に戻すということです。
キーボードを見ないので、今自分の指がどこにあるか把握するには一番いい方法だと思います。
タッチタイピングをマスターした ほとんどの人が実践している方法です。

最上段の数字・記号キーについては様々な割り当てが提唱されているので、絶対これがいい!
というものは存在しませんし、キーボードの種類や人により違います。
下図は一例ですが、左手人差し指を「4」「5」とし、右手人差し指を「6」「7」とする人も多いようです。
自分のやりやすい方を選択すればよいです。

typing-keybord

情報源:タイピング練習ゲームセンター http://www.spitz8823.com/typing/bennkyou-top/typing-benkyou-top.htm

必ずローマ字入力で学習してください!

そして、ホームポジションを覚えたら、次は速さを求めていきます。最後に、正確さです。ホームポジションさえ覚えれば、あとは練習量だけでいいはずです。1日5回以上練習しましょう!

システムエンジニア・プログラマを目指しているみなさんは、数字と記号も練習しましょう!

セミコロン「;」コロン「:」カンマ「,」アスタリスク「*」アンド「&」ドル「$」シャープ「#」ビックリマーク「!」はてな「?」ハイフン「-」アンダーバー「_」イコール「=」各種括弧「<>(){}[]」は、プログラミングの中で死ぬほど出てきます!

タイピングの力を高めると、出だしが違う!

タイピングの力を高めていくと、

  • ちょっとした文章を作成していくときに、メモ帳などに入力していったほうが後からチェックがしやすい。
  • 報告書や日報を書く時間を短くすることができる。
  • メール・チャット・LINEなどの返信が早い!
  • 打ち込みしている時間が短くなるので、文章のチェックに時間を多くとれる。
  • delete(Back space)を押す回数がかなーーーり少なくなって手戻りが少なくなる。

などなど、いいこと尽くめです!

目標としては、手書きの10倍早く打てるようになりましょう!

寿司打にチャレンジ

この業界(IT)の先輩方は、勉強をすぐゲームに置き換える達人です!!!
寿司打は、本当に楽しいゲームですよ(^o^)

寿司打
http://typing.sakura.ne.jp/sushida/

susida

まずはお手軽コースにチャレンジし、お得になってきたら次のコースにチャレンジしていきましょう。

正しいホームポジションを意識してやりましょう!超大事!

当ブログに掲載されているプログラミングの記事などを読む前と読んだ後に、必ずタイピング練習をしましょう!

私(SE歴12年)の成績↓

まぁこんなもんでしょゲフンゲフン

まぁこんなもんでしょゲフンゲフン

まとめ

もし、あなたがIT系の会社に内定をもらったとしたら、今始めるべきなのは基本情報処理の勉強ではなく、タイピングです!

「論文書いてたからなー」とかいうレベルで満足せず、「無駄なく、速く、正確に」打てるようになりましょう。

無駄のない姿勢、無駄のないホームポジションで、腱鞘炎も防げます。

まずは、お手軽モードくらいは楽勝でクリアできるようにしましょう!

システムエンジニアになろう!目次↓↓↓

How to be a System Engineer! システムエンジニアになろう!

スポンサーリンク
hige1